英会話頻出フレーズ:I'm sure

I'm sure もしくはその疑問文 Are you sure~? を使ったフレーズについてみていきます。

表現①:I'm sure (that) [関係詞] I'm sure it will be nice.
それがいいと思います。

I'm sure it would be fun.
きっと楽しいと思うよ。
I'm sure everything is OK.
抜かりはないつもりだ。
I'm sure something will change.
きっと何かが変わる。
I'm sure he'll be glad to hear that. 彼はそれを聞いて喜ぶでしょう。
I'm sure I don't know. 私はほんとに知りません。
I'm sure that he'll fail.
彼はどうせ失敗するにきまっている。
I'm sure we can make it. I'll bet on it.
きっとうまくいくよ、賭けてもいい。
I'm sure he will carry out his promise.  彼はきっと約束を果たすよ。
I'm sure we'll make it all right.
十分に間に合うと思います。

I'm not sure I can do it. 私にできるかわからない。
I'm not sure I can afford it. 払えるかどうか分からないざます。

表現②:I'm sure about/of [名詞] ※sure about/ sure ofの使い分けの定義は明確にはないようです。こちらを参照ください。

I'm sure about his name.
僕の名前ははっきりと知っています。
"Well, I'm not sure about Kansas." 「うーん、カンザスかどうかはわからん。
I'm not sure about that. It depends. それはよく分かりません、場合によるでしょうね。

I'm sure of his returning home saf…

ESL Podcast ep. 1114 in Japanese

英語の勉強のためにESL (English as a Second Language) podcastの日本語訳を作ってみました。
ちょっと最後の方に訳は自信なしです。

原文はこちら


1,114 - Forms of Government
(政府の形態)

Plutocracy is the rule of the rich. Find out about other forms of government in this episode.
(金権政治は富裕層による制度です。このエピソードでは、そのほかの政府の形態を見いだします。)


Margaret: Okay, the teacher said that we should set up an ideal form of government for our imaginary country and then work out detailed plans for governance.
(じゃあ、先生が言ってた通り、架空の国を想定して理想的な政治形態を創って、政治の詳細なプランを練りましょう。)

Tony: I think the simplest is a dictatorship. I’ll make all of the decisions. (一番シンプルなのは独裁政治だよ。全部俺が決めるよ。)

Margaret: You’re sounding like a fascist. This is supposed to be a partnership, remember?
(なんだか、ファシズム支持者みたいね。協力することになってるの覚えてる?)

Tony: Okay then, let’s make it a monarchy. I can be king and you can be queen.
(じゃあ、君主制にしよう。俺が王様で、君は女王になれるよ。)

Margaret: You’ll probably still make all of the decisions as king. Maybe we should consider an oligarchy. Your family and mine can rule equally.
(まだ王様として、全部決めたいようね。たぶん、寡頭政治を検討すべきよ。あなたの家族もわたしのも平等に統治できるわよ。)

Tony: That’s fine with me, but you’re the communist, or at least socialist. Don’t you think an oligarchy would be too elitist? I would think you would prefer a meritocracy of some sort.
(それはよいね。でも君は共産主義者だね。少なくとも社会主義者だね。寡頭政治が最も良いと考えすぎじゃないかい?能力主義のようなようが君には合っているんじゃないかな?)

Margaret: This isn’t about my personal politics. It’s about what’s best for our imaginary nation. How about a simple democracy?
(それはわたしの主義じゃないわ。なにが私たちの仮想国家にとって一番いいかについてよ。シンプルな民主主義はどうかしら?)

Tony: There’s nothing simple about a democracy. How about no government at all?
(民主主義はシンプルじゃないよ。全く政府を持たないって言うのはどうだい?)

Margaret: You mean anarchy?
(つまり、無政府状態ってこと?)

Tony: Sure, that would be the simplest.
(もちろんさ。最もシンプルなんじゃないかな?)

Margaret: Why do I get the feeling that you’re making suggestions based on the amount of work this assignment will take, rather than political considerations?
(なんだか今週出る宿題の量に応じて提案してるんじゃない?まじめな検討じゃなく。)

Tony: That’s because you’re very perceptive. I have a big weekend planned!
(それは君の察しがいいからだよ。週末にいっぱい予定があるんだよ。)

ちなみに、、、こちらは私のおすすめの英語勉強本

コメント

このブログの人気の投稿

ESL Podcast ep. 1113 in Japanese